FC2ブログ
コンテントヘッダー

かまぼこ





DSC03540_20180129180507051.jpg










DSC03544.jpg



魚たちが泳いでいるように・・・見えます (^^)






DSC03548_20180129180511020.jpg









DSC03554_2018012918051301a.jpg



娘を送って呉まで行きました・・・卵入り・数の子入り・チーズ入り・色々な具入りです



DSC03556_20180129180514253.jpg


900年も前から作られていたんですね~~ !!



メモ

古くは材料を竹の棒に筒状に巻いて作った。その形が蒲(がま)の穂に似ていることから、「蒲鉾」と呼ばれるようになったとされる。この最初期の蒲鉾は現在のような海水魚ではなく、主に淡水魚のナマズを原料としていた。竹を抜き去ると現在の竹輪の形になる。後に板の上に成形した「板蒲鉾」が登場し、区別のために「竹輪蒲鉾」と呼び分けていたが、元祖の方は「蒲鉾」が脱落して単に「ちくわ」となり、板蒲鉾の方は逆に板が外れて「蒲鉾」になった。平安時代の『類聚雑要抄』には藤原忠実が永久3年(1115年)に転居祝いに宴会を開いた時の串を刺したかまぼこが載っている。これを確認できる最古の文献上のかまぼこであるとして、業界団体がその数字をとって11月15日を蒲鉾の日としている。

白身の魚は高価であり、蒲鉾もご馳走と考えられた。時に贈答品として用いられ、御節料理にも利用される。豊臣秀頼の大好物であったと伝えられ、本能寺での織田信長の最後の晩餐にも供された。なお、かまぼこが商品として販売されるようになったのは江戸時代以降とされる。









DSC03559_201801291805152ee.jpg


呉の美猫さん





DSC03561_201801291805174d1.jpg




帰って・・・ぽん太の散歩





DSC03566_20180129180518d65.jpg




瓦の積み方が・・・キレイだなぁ~~




DSC03567.jpg























ブログランキングに参加しています。
応援クリック お願いします。
  ↓       ↓ 
広島ブログ
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

廣光かまぼこ店。たまに買います。
一個でも二個でも気軽に変えるところもいいです。
年齢とともに、近場の魚で作ったものが口に合うと思うようになりました。

金星さんへ

金星さん おはようございます(^^)
コメントありがとうございます!!

呉には、ついつい立ち寄りたくなるお店がありますね
八百屋さんのみかんも美味しかったし
ホルモン屋さんのお肉も美味しかった

かまぼこ店は初めてで、ほとんどすべての種類を買いましたが
どれも試食したくて・・・家族分に切り分けて食べたら
ほんのちょっぴりすぎて・・・次回は一個ずつ食べようと思います(^^)
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

苺ばばろあ

Author:苺ばばろあ
自然がいっぱい
動物たちもいっぱい
広島市の端っこ
白木町から
こんにちわ~!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR