コンテントヘッダー

山桜




昨日は 小雨の中 地区の溝掃除

家族総出で 頑張りました

ふとっちょさん スマートさん 色んなミミズさんがいましたよ~~

きれいになって 気持ちいいです



山道の側溝は まだですが・・・ぼちぼちやりましょう







山桜でしょうか??

白っぽく 小ぶりな花びら

見上げると やさしく咲いています





DSC00023.jpg







DSC00025.jpg







DSC00027.jpg







DSC00024.jpg










あなたのお名前は 知らないけれど・・・かわいいね

DSC00020.jpg











山道で ひときわ爽やかな色・・・なんの花かわかるでしょうか~~

DSC00019.jpg








DSC00017.jpg








DSC00015.jpg

秋には赤い実のなる サルトリイバラ

かしわ餅を包むのに使いますね (関西圏以南だそうです)

東の方では 柏の葉を使うのでしょうね














ブログランキングに参加しています。
応援クリック お願いします。
  ↓       ↓ 
広島ブログ
スポンサーサイト
このページのトップへ
コンテントヘッダー
コンテントヘッダー

コメントの投稿

非公開コメント

No title

こんばんは。

南の方ではサルトリイバラの葉を使うのですか?
けっこう厚手のしっかりした葉っぱですよね?
知りませんでした、ありがとうございます^^

No title

こんにちは。
端午の節句も近づいてきました・・・・柏餅の季節到来!
父は、柏餅を 「かたらもち」って呼んでいました。
大朝のおじさんは「しばもち」と呼んでいたなぁ~
山で摘んできた葉で作る柏餅は、蒸すと葉が溶けてくっついて、
お餅からはがれないんですよね。
市販のものが、お餅から「スッ」とはがれるのが、なんとも不可思議です・・・・
そういえば、スーパーで初めて「柏の葉っぱ」の柏餅を見たときには、ビックリしました(笑)

こんばんは

私も子どもの頃から「 しばもち 」と呼んでいます。
明治生まれの祖母は「 たたらもち 」と言っていました。
ちなみに「 サルトリイバラ 」は「 さんきらい 」と呼んでます (*^_^*)
どちらの呼び名も好き (*⌒_⌒*)
黄緑の実、赤い実くらぶることなくて。

らこさ さんへ

表面がつるんとした葉です
友達で とてもおいしい柏餅 
サルトリイバラ餅をつくる人がいるんですよ!
頂けたら(心密かに期待しているんですが・・・)写真を撮って
ご紹介したいです!

Greatメカ沢さん & ミミさん へ

Greatメカ沢さんの 「かたらもち」「しばもち」
ミミさんの       「たたらもち」「しばもち」

サルトリイバラという植物には、極めて多数の方言名がある。これは、地域の生活に結びついて、よく利用されてきた証拠でもある。カシワはそうではない。
ばらっぱもち(茨城県・千葉県)、
さんきりもち(栃木県)、
かしゃんば(伊豆大島)
かただんご(佐渡島)
がんどしぼち(岐阜県)、

いばらもち、いばらだんご(三重県、滋賀県、京都府)、

たたらぐい(鳥取県)、ぐい(岡山県)、
かたらもち(広島県)、

ぶとんもち、いぎの葉だんご(山口県)、

しばもち(香川県、高知県)、

がめんはもち(福岡県)、
がめのはだんご

かからだご(長崎県)、
かからんだご(宮崎県)、
かからんだんご(鹿児島県)
かからんもち
など、サルトリイバラの呼び方に対応した名がある

本来は、サルトリイバラ(猿捕茨)と言い、昔は毒消しの実として使われていました。つる性植物の落葉低木で2mまでは成長します。茎には刺があり、他の植物に絡み付いて成 長します。山野に多く自生しているため、栽培をおこなうことはせず、毒消しの必要がある時に山に入り実を食べて帰ってくるという利用をされていました。名前の由来もこのことから山帰来と呼ばれています。

楽しい勉強のなりました! ありがとうe-68
このページのトップへ
このページのトップへ
プロフィール

苺ばばろあ

Author:苺ばばろあ
自然がいっぱい
動物たちもいっぱい
広島市の端っこ
白木町から
こんにちわ~!!!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR